すてきな気分〜ナイスフィーリングブログ〜

サイトルート相対パスをローカル環境で for Mac

先日、サイト制作でサイトルート相対パスでの指定があった。
サイトルート相対パスとは、文字通りルートから相対パスで設定する技術のこと。
大規模サイトやコロコロとディレクトリが変わる場合、コーダーが複数いる場合に、CSSやJSなどの諸々のリンクを、いちいち相対パスで書くと若干恐ろしいことになるので、

<link href="/css/style.css" type="text/css" rel="stylesheet" />

みたいな感じで書く。
するとサーバーに上げたときに必ずルートから見るので、ファイルがあればリンク切れが起こらない。
でもコレ、サーバー上では素晴らしいけど、ローカルで普通にコーディングは難しい。。。
常にルートからなので、ローカルではcssなどを読まないという欠点がある。

そこで、ローカル環境にサーバーを構築する。
いわゆるバーチャルホストというモノ。
Macの場合、ありがたいことに既にApacheがインストールされていたので、そこで構築できる。

場所は/Library/WebServer/Documentsで、アドレスは、http://localhost。

ここにデータを放り込んでアクセスすれば、見れるようになる。
何て簡単♪

ちなみに、ターミナルを使って諸々設定すると構築場所を変更したり、アドレスを変えたり、phpやcgiを動かしたりと、開発環境が自由自在。
開発はまぁ置いておくにしても、イザって時知ってて損はないですね〜(笑)

Pocket

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です